口唇ヘルペス予防|矯正治療前に取り入れたい3つの習慣をご紹介!

口唇ヘルペスは、一度り患すると完治することはなく抵抗力が落ちた時に出てきます。

ですが、日常に取り入れたい3つのことに配慮するだけでもかなり再発を防ぐことが可能です。

まずは、寝不足を防ぐことでこれが最も重要となります。

睡眠時間が少ないと体力が落ちますので、再発しやすくなります。

又、ストレスも良くありませんので適度にリフレッシュする時間を作るようにします。

3つ目は、積極的に採りたい成分としてリジンという栄養素があります。

リジンはサプリメントとしても販売されており、定期的に取り入れることで口唇ヘルペスを予防することができます。

口元がむずむずしてきたら、少し多めに飲んで早めに休むと効果が期待できます。

虫歯予防|矯正治療前に取り入れたい3つの習慣をご紹介!

虫歯になることを可能な限り防ぐ行動では、将来に自分の残せる歯が多くなるので虫歯予防は普段からの習慣を身に付けると予防効果が出ることは間違いありません。

最初に実践したいことは、食後には必ず歯磨きを行うことは大前提とされており、歯間ブラシも使い分けること、更に殺菌効果のある液体状のマウスウォッシュなどを使う方法も効果的です。

糖分の多い食品はできるだけ避けた方が良いと言われていますが、完璧な歯磨き法を徹底すると問題にはなりません。

間食を止めることも大切な習慣として考えられ、常に口の中に食べ物のカスが溜まっている時間を減らす工夫は必要です。

後は夜間の過ごし方も身に付けたい習慣はあり、晩御飯の後にきちんと歯磨きをしたとしても、寝室で就寝前にお菓子などを食べてしまうと、せっかくの歯磨きが台無しです。

そのため、夜間に就寝する際には常に綺麗な口内環境を保つ習慣も重要な要素ではないでしょうか。

歯周病予防|矯正治療前に取り入れたい3つの習慣をご紹介!

進行すると歯がぐらぐらになって抜けてしまう歯周病は、治療よりも予防が大事です。

そのため、日常で習慣として取り入れたい3つの方法があります。

まずは食習慣の見直しです。

そもそも歯周病は糖分の摂り過ぎが大きな要因となりますので、糖質の摂取量を減らすのが効果的と考えられます。

ついで重要なのが歯磨きで、歯周病の元となる歯垢を取り除くには欠かせません。

とはいえ正しい歯磨きの仕方ができていないと、歯垢を取り除くことができないばかりか、逆に歯の表面を削り落とす場合もありますので注意が必要です。

したがって、3つ目の大事な習慣として定期的に歯科医院を受診しましょう。

歯科医院に行けば正しい歯磨きの仕方を教えてくれますし、歯垢や歯石を除去して歯周病になるのを防いでくれます。

口臭予防|矯正治療前に取り入れたい3つの習慣をご紹介!

口臭の予防に取り入れたい習慣には、まず毎日のオーラルケアがあります。

歯磨きをしている人は多いですが、歯間ブラシやデンタルフロスを毎回使っている人はあまり多くはありません。

口臭の原因の多くは口腔内の細菌が、食べ物のカスなどに含まれるたんぱく質を分解することで発生します。

細菌が繁殖している歯垢(プラーク)を除去することが口臭予防では重要です。

また、舌磨きも取り入れたい習慣です。

舌の表面には舌苔と呼ばれる白いものが付いており、細菌やタンパク質が含まれています。

口臭の原因になるので、歯磨きだけではなく舌磨きも取り入れるのがおすすめです。

そして、ガムを噛んで唾液の分泌を促すことも口臭予防になります。

唾液の分泌量が少ないと口腔内が乾燥し、細菌が繁殖しやすくなるからです。

口内炎予防|矯正治療前に取り入れたい3つの習慣をご紹介!

虫歯や歯肉炎や歯周病や歯槽膿漏や知覚過敏や顎関節症など、お口のトラブルには色々なものがありますが、頬の内側や舌に出来る口内炎もその一つです。

一度出来ると治るまでに2週間程度かかり、食事や歯磨きの邪魔になります。

口内炎予防として日常生活に取り入れるべき3つの習慣についてですが、免疫力を向上させるために乳酸菌やビフィズス菌を摂って腸内フローラを整える、大豆やうなぎや豚肉などビタミンB群が豊富な食べ物をたくさん食べる、殺菌力や洗浄力が強めのマウスウォッシュや歯磨き粉を使い菌が増えにくい環境を作るという3つです。

腸内環境を改善させることと、栄養をチャージすることと、お口の中を常に清潔にしておくことが大事です。